日本を灯し続ける東亜ローソク、国内生産100%日本製のろうそくです。

会社概要

トップページ > 会社概要

商号 東亜ローソク株式会社
代表者 新保 雅史
設立年月日(法人設立) 1958年(昭和33年)5月1日
所在地

(本社) 〒577-0056 大阪府東大阪市長堂2-4-8

(工場) 〒578-0977 大阪府東大阪市鴻池徳庵町5-7

TEL 06-6745-3651
FAX 06-6745-3603
営業品目 東亜錨印ローソク、富士錨印ローソク、塔印ローソク、
光の詩ローソク、菊花・蓮花ローソク、コップローソク
彩ローソク、トラックス(荷台用ワックス)
その他ローソク全般
従業員数 約40名
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行(東大阪支店)
みずほ銀行(東大阪支店)
大阪市シティ信用金庫(布施支店)
主要仕入先 安藤パラケミー株式会社
株式会社レンゴー
株式会社キャンドルウィック
工場及び機械設備

[本社工場] 
敷地 1,745㎡ 建物 2,518㎡

[液体原料保管設備一式]
スチームボイラー 3台
全自動ローソク製造機 70台
手動式ローソク製造機 7台
パウダープレス機 5台

PAGETOP

東亜ローソクの歴史

東亜ローソクの歴史 画像

1950年より(昭和25年)日本を灯し続ける東亜ローソクの歴史

  • 1950年4月 布施市(現在東大阪市)長堂2丁目 番地に於て個人営業にて東亜錨印のローソク製造販売を開始
  • 1958年5月 会社設立社名を東亜洋ローソク株式会社に変更
  • 1970年5月 本社事務所、出荷倉庫等を新築。原料自動供給設備を開発
  • 1976年4月 若松産業株式会社のローソク製造部門を合併と同時に大阪府東大阪市鴻池徳庵町5-7に徳庵工場を開設。社名を東亜若松株式会社に変更。9月液体原料受入用25tタンクを設置
  • 1977年3月 全自動ローソク製造機を自社開発し徳庵工場に設置
  • 1977年3月 全自動ローソク製造機の特許を取得
  • 1977年3月 月産100tを目標とした全自動設備を完成
  • 1995年12月 株式会社阪田蝋燭製造所を吸収合併
  • 1998年 全自動パウダープレス式ローソク製造機を自社開発し徳庵工場に4台設置
  • 2005年9月 液体原料受入用25tタンクを増設し合計50tとする
  • 2007年12月 社名を東亜ローソク株式会社に変更
  • 2008年2月 株式会社藤本屋のローソク事業部を事業統合
  • 以降 事業拡大に伴い、生産設備の拡充と改修に取り組み、現在に至る

東亜ローソクの歴史 画像2

PAGETOP